Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>






qrcode





感性向くまま、“たまに”“気ままに”・・
<< 性格が出ます(^^ゞ | main | 苗場旅 2015・インドア編 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


| 2015.05.24 Sunday | - | - |

苗場旅 2015・アウトドア編
22:34
昨年に続いて、苗場スキー場へ 行ってきました♪

昨年、1泊では遊び足りなかったので、今年は2泊で。

家族全員 とってもHappy&Excitingな体験だった苗場旅行、
今年も計画の段階から、ルンルン・ウキウキ、
押し込められない入道雲の様に、期待がモクモクと膨らみましたヤッタv

東京駅から 出発進行〜新幹線
みーこ、はやぶさ駅弁をゲットです♪

※ちなみに、乗り込む便は はやぶさではなかったのですが。
※ちなみに、ちなみに。
このブログを書いている今、お弁当箱は 保育園の工作廃材集めに、、
ドナドナド〜ナ♪状況となっています汗

越後湯沢駅に、到着〜

楽し過ぎて、母と妹には、何かをする度に 長い解説付きメールを
送りつけていたので笑顔、2人にとっては
目新しい情報がない記事になるコト間違いなし!ですが
(最後まで、配信停止せず 付き合ってくれて ありがとねテゴシマーク
そのくらい内容盛りだくさんなので、、
アウトドア編とインドア編に分けて書かせていただきます。

≪アウトドア編≫

3日間の滞在のうち、初日は雨がパラつく中での到着傘
でしたが、雨は後に止み 夜更け過ぎ(ならぬ、宵の口には)
雪に変わってくれました。
2日目が すごい吹雪雪で、最終日は晴天キラキラキラキラ

変化の激しい自然の表情にも触れた旅で、雪は見慣れている
パパ、ママをよそに、降りしきる雪空を 首が折れるほどの角度で
ずっと見上げて、
「きゃ〜 空が真っ白で、どこが空か わからないね!!」と
新鮮な感動に興奮しきりな みーこでしたどこも

雪遊びも たくさんしましたgood
             そり滑り
何種類の そりを制覇したカナ〜?

雪上メリーゴーランド的な乗り物
一部しか写っていないと、親が前で そりを引いている図、みたいですが・笑

みーこ念願の、真ん丸雪玉作り
もちろん、来たるべき 雪合戦の準備です。 
アイストングみたいな、専用の道具を使って握ります。
この日は、固まりにくい雪質で、何を作るにも一苦労でした汗
(知人曰く、「寒すぎて 固まりにくい雪になったのでは」と)


雪だるま〜,Yeah 雪だるま雪だるま
(“それより、眩し過ぎだから!” ←みーこ、心の声)

そして。今回の旅での目玉の一つが、夜の雪の森探検ツアーへの参加月

西洋かんじき(スノーシュー)を履いて、それぞれ ヘッドライトも
装着し、いざ!
スキーのコースから外れ、真っ暗な夜の森の中へ。
ひっそりと聳え、自分たちを呑み込むかのような木々の迫力に、
みーこ ちょっぴりこわがる場面も ぶるぶる

インストラクターの先生曰く、この日は この冬一番に
たくさんの動物の足跡が見られた日だった、と犬

ウサギにキツネ、それぞれの歩き方の特徴も学びながら進んで
いったのですが、なぜか ウサギに憑りつかれたかのような執着ぶり
をみせる みーこうさぎ

折に触れ 彼女が発し続けた質問の数々を 以下に紹介します。
(あまりに しつこいので、先生も返答に困っただろうなぁ)

「もし、この足跡がウサギじゃなくて モルモットだったら
どうする!?」うさぎ
(以前、保育園の遠足で牧場に行った際、ウサギ広場で
モルモットを抱っこした お友達がジャンバーをかじられた
ことが強烈な印象だったようで)

雪でテーブルを作って、、
さぁ!雪上カフェの開店ですコーヒー
「もしさぁ、ウサギが あっちから覗いていて、ピョンって
来て、このテーブルの上に乗ったら どうする?」うさぎ
(“別に よいのでは・・、ラッキーじゃない!”←ママ、心の声)


チーム北川! forever・笑  

「もしさー、ウサギが来て、写真の邪魔をしたとしたら??」うさぎ
(“おぬし、まだ言うかDoCoMo”)
兎にも角にも(うさぎだけに・笑)、ウサギの存在が
気になって仕方がない みーこなのでした。


ツアー後半は、他の参加者の お友達(しかも、同じ歳)と
雪の上を四つん這いや腹這いで 歩く子供達でした。

当初、この日のツアー参加者は うちだけだったのですが
(平日の観光地。想定の範囲内ではありました。
思い返せば、昨年も訪れたのは平日。駅からの大型送迎バスの
車内には、ポツーンと うちのファミリーだけ、
人気スキー教室・パンダルマンも、午後はマンツーマン指導だったり
でした)、ギリギリにもう一組 申し込みくださったお陰で、
楽しさ倍増な様子の みーこわーい

ちなみに、今年の苗場は、中国からの?旅行客が席捲して?いて、
あちらこちらで中国語が聞こえてこない場所は無かったような。。
夕食で入った ホテル内の寿司屋では、あまりに外国人グループばかり
なので、後から隣の席についた 日本人ご夫婦に、
思わず「日本語が聞こえて、何だか ホッとしました」と話しかけて
しまったほどです。
そのご夫婦は、毎年苗場に来ているそうで、ここ数年は、国の財政事情
によってか、ロシア・オーストラリアからの旅行客は激減、
中国からのお客が とても増えていることを おっしゃっていました。

いや〜、スキー旅行で 国際情勢を目の当たりにする機会があるトハ
想像しておりませんでした。

〜続きます




 

| 2015.01.31 Saturday | 育児 | comments(0) |

スポンサーサイト

| 2015.05.24 Sunday | - | - |
Comment